鈴木早織 「イーストリバー」

鈴木早織 『イーストリバー』
2016年3月9日/NIW117/¥2,500+税
20160301バンドTHE SUZANの鈴木早織(Vocal)のソロプロジェクト始動!今作は、曽我部恵一、檸檬をプロデュースに迎えて制作。
これまでのバンド歴を一変させるようなアダルトな一面も垣間見ることができる1枚が完成。
枠にとらわれないジャンルレスな楽曲が10曲収録されている。
「イーストリバー」はアルバムタイトルにもなった表題曲。
プロデュースは曽我部恵一。
落ち着いたBPMにて日本語で披露するNY経由のシティーポップ風。
印象的なギターリフから始まり、間奏から出てくるSAXのアレンジなどとても秀逸でノスタルジーに浸ってしまう。
春の訪れを待ちながらも、まだ肌寒さが残る夕暮れに似合う1曲。
ガブリエル・タジュー 「The Beat Gose On」

Gabriel Tajeu 『Southern Skies』
2016年3月23日/SSRi-0115/¥2,381円+税
20160302ギター片手に優しくスモーキーな歌声で柔らかなメロディーを紡ぐことから“次世代John Mayer”とも謳われるガブリエル・タジューの2ndアルバム『Southern Skies』が3月23日に発売!
前作でも際立った優美なファルセットや研ぎ澄まされた和声感覚などGabrielの魅力は2ndにも受け継がれ、さらにパワーアップ。
柔らかな温もりと愛に満ちた心温まる一枚となっている。
R&B/フォーク/ロックの要素が絶妙なバランスで融け合うその最新作に収録された“The Beat Goes On”は、まさにガブリエルらしさに溢れた一曲。
フォーキーなギターにホーンとオルガンが華やかさを添え、ガブリエルの優しい歌声で紡ぐキャッチーなメロディーをより一層際立たせた何度聞いても飽きないマストチェックソング!
グミ 「フェイバリットバンド」

グミ 『フェイバリットバンド』
2016年3月2日/266-LDKCD/¥1,800+税
pp20160303札幌発ダメ男ロックバンド“グミ”参上!Vo.Gt.みちる、Gt.さよならふるした。、Ba.こたぽん、Dr.ショーケンの勉強・スポーツ・恋愛・社会での適合、それら全てに失敗した男達4人が集まったギターロックバンドである。
2014年初の自主アルバム「藤沼アルコホリック」を制作し、瞬く間に完売する。(現在は廃盤となっております)2015年7月22日にリリースした1st Single「夢の続きをソングする」は、タワーレコード札幌ピヴォ店・渋谷店の2店舗限定販売にも関わらず、計300枚以上を売り上げている。札幌に限らず、全国で話題沸騰中になっている彼らは今年のはんなりロック(京都)では会場を入場規制させ、大いに盛り上げた。
そんな彼らがライブで盛り上がる楽曲を中心に収録した1stMiniAlbum「フェイバリットバンド」は現状ベスト盤と言っても過言ではない豪華な内容となっている。