ザ・ロッホ・ネス・マウス 「The Cherry Blossom in Japan」

THE LOCH NESS MOUSE 『THE LOCH NESS MOUSE』
2016年2月3日/PCD-24465/¥2,400+税
1昨秋日本デビューの「ノルウェーのビリー・ジョエル」ことヨルン・アレシャールの実弟=オーレ・ヨハネス・アレシャールが所属、ヨルンとAOR畑で人気を博するオーレ・ブールドがアルバムにゲスト参加した男女ギター・ポップ・バンド、ザ・ロッホ・ネス・マウスはいわば「北欧のプリファブ・スプラウト」! 
実際はもう少し先ですが、意表を突くアレンジ+スウィートなメロディのリード曲「チェリー・ブラッサム・イン・ジャパン」を聴いて、あったかくした室内で萌芽の季節のウキウキ感を先取り、はいかが?
グライダー 「GO」

グライダー 『STAGE FLIGHT』
2016年2月10日/PECF-3160/¥2,315円+税
Glider_STAGE FLIGHTツインボーカル&ソングライティングチームの栗田兄弟とリズムセクションの椿田兄弟からなるダブル兄弟バンド、グライダー。楽曲の良さで今注目の若きロックンロールバンド。
前作に続き本作も、普遍的な楽曲作りへのアプローチと共に限りない可能性を感じさせてくれる彼等の、待望のセカンドアルバム『STAGE FLIGHT』からのリード曲「GO」は、「決して色褪せることなく必ず時代を超えるのだ」と言う強い思いが込められた、すべての人の背中を優しく後押しする一曲。
藤原さくら 「BABY」

藤原さくら 『good morning』
2016年2月17日/VICL-64482/¥2,800+税
3シンガーソングライター藤原さくら、待望のメジャーファーストフルアルバムをリリース!
福岡市出身の20歳。父の影響ではじめてギターを手にしたのが10歳。
洋邦問わず多様な音楽に自然と親しみ、高校進学後、オリジナル曲の制作をはじめました。
高校卒業と上京を機に、本格的な音楽活動を開始し、天性のスモーキーヴォイスは数多い女性シンガーの中でも類を見ず、聴く人の耳を引き寄せています。
今回のアルバムも、エッジの効いたプロデューサー陣による多彩なアプローチで構築されたサウンドプロダクツと彼女の声が光る、キュートでハイセンスな傑作が完成。「BABY」は、YAGI&RYOTA(SPECIAL OTHERS)プロデュースの楽曲です。