じんプラットホーム「麗しの東京タワー」

じんプラットホーム『まとめて愛ってことにしちゃ』
2014年11月26日(水)XQJG-1005 / ¥2,593+税 
pp1じんプラットホーム1年半ぶりの2ndアルバム「まとめて愛ってことにしちゃ」は、じんプラ流の“愛のかたち”。
「麗しの東京タワー」は、実家を出て東京に住んで、便利で楽しいけれど、心細くて弱気になってしまう。
それでも、東京タワーを見ると、小さい頃にはじめて見た時と同じくらいどきどきして、前向きな気持ちになります。
くじけそうなとき、ちょっと疲れちゃったなと感じたとき。それぞれの心の中の東京タワーを思って聞いてください。
Helsinki Lambda Club「バンドワゴネスク」

Helsinki Lambda Club『ヘルシンキラムダクラブのお通し』
2015年12月10日(水)/ UKCD-1150 / ¥555+税 ※888枚限定
pp2UK.PROJECT主催のオーディションにて、応募総数約1000組の中から見事最優秀アーティストに選出されたHelsinki Lambda Club(ヘルシンキラムダクラブ)が、ミドルテンポのとっておきのキラーチューン「バンドワゴネスク」と、スーパーカーの超名曲「DRIVE」のカバーを収録させた2曲入り「お通し的」1stシングルを、昔懐かしい8cmの短冊仕様(ダウンロードID付)でリリース!
「バンドワゴネスク」はバンドをやっている人も、やっていない人も、日常のふとしたほげーっとした瞬間に考えてしまう「あんなことや、そんなこと」に共感してしまうような一曲。
シングルのリリース情報解禁後、CDショップには限定枚数555枚を遥かに超えた予約が殺到し、追加で増産することも決定した。
エレーヌ・セガラ&ジョーダッセン「やあ、恋人たち」

エレーヌ・セガラ&ジョーダッセン『夢の共演!~二人で歩いたシャンゼリゼ~』
2014年12月24日(水)/ RES-256 / ¥2,550+税
pp3この冬オススメ!歌が本当にこころに響く曲です。
 誰もが知っているシャンソン「オー・シャンゼリゼ」を大ヒットさせたジョー・ダッサン。
 ミュージカル「ノートルダム・ド・パリ」の出演、イル・ディーヴォの新作でデュエットを披露した  エ レーヌ・セガラ。フランスを代表するシンガーの共演アルバムが「夢の共演~二人で歩いたシャンゼリゼ~」です。
 エレーヌは6歳の頃、TVでジョーを見て以来の大ファン。ジョーは惜しくも1980年に他界しましたが、  エレーヌのジョーの歌を愛する気持ちを聞いたスタッフが、ジョーの残した テープを元に  2人のデュエットアルバムとして制作したのが今作です。 
パワープレイソング「やあ、恋人たち」は長くつき合って来た恋人たちの別れを歌った曲です。 
別れの日の朝、いつものカフェの前を通ると、カフェのマダムはまた挨拶するでしょう。 「やあ、恋人たち」と。2人の愛が雪のようにゆっくりと解けて行きます。