FM長野でCMしませんか

ターゲットが明確です!

FM長野のメインターゲットはM1・F1(男女20~34歳)、M2・F2(男女35~49歳)ですが、時間によっては10代や主婦層などによく聴かれている番組があります。
ラジオは、特定ターゲットに効率良く訴求可能なメディアです。

ラジオならではの柔軟性!

通常のCM以外にも、手軽なナマCM、電話をつないでのご紹介、レポーターがお邪魔してお店からの中継、そして20秒が基本ですがドラマ性を持った60秒の長尺CMなど様々な展開が可能で す。
また、番組ではスタジオを飛出して公開生放送、リスナー参加型によるイベントの実施な ど柔軟に対応ができます。

地域に密着したメディアです!

FM長野もそうですが、地元のテレビ局よりもネット番組の比率が低く、自社制作番組を多く編成しています。また、地域に合った番組編成を組んでいることに加え、首都圏に比べて局の数も少ないため、地元エリアでの聴取ボリュームは非常に大きく、エリアプロモーションには最適メ ディアです。

元祖、2WAYコミュニケーション!

一人一人に語りかけるパーソナリティに対するリスナーの信頼は厚く、番組へのハガキ・FAX・ メール等の数やラジオ・ショッピングの爆発的な売れ行き、パーソナリティ目当てのイベント集客力の高さからわかるように、ラジオはリスナーとの2WAYコミュニケーションで成り立つ「ヒューマ ン・メディア」です。

車内聴取もポイントです!

カーラジオでの聴取比率も高く、長野県のように公共交通機関が首都圏と比べると未発達で、自家用車による移動 が中心のエリアでは非常に効果的です。特に、朝夕のドライバーゾーンでは高いSIU(セッツ・イン・ユース)を獲得しています。

音だけによる強いメッセージ!

画面の無いラジオは、逆にリスナーの想像力を刺激します。
パーソナリティの声・音楽・SE等の多彩な表現が可能なメッセージで、リスナーの心に突き刺さり、深い印象を残します。ラジオのCMを聴いてTVのCMを思い浮かべたり、他媒体でのCMを再想起させるイメージ・キャリー・ オーバー効果もあります。

流通刺激に直接つながります!

リーセンシー効果(購買の直前に接触した広告が購買行動に影響を与える効果のことです)を高めるには、生活者の購買行動の直前までフォロー可能なラジオは有効なメディアです。

長時間の独占が可能です!

ラジオはTVと違い、中継費用など制作費も安く、相対的にローコストですので、ホリデースペシャルのように1社単独で大胆に時間を占有したり、CMを集中させることが可能です。
リスナーに対しステーションジャックというイメージも醸成できます。

企業・ブランドイメージの周知に!

番組内容と企業・商品イメージ、またはリスナー層とクライアントのターゲットがリンクしている番組や時間帯を選ぶことで、効率的なイメージが訴求できます。
番組1社提供の場合は、番組タイトルに冠を付ける事も可能です。また、番組内容についてもスポンサーニーズにある程度応じられます。

習慣聴取なメディア!

ラジオのリスナーは習慣性が強く、安定したコミュニケーションが可能です。
フリークエンシーを 稼ぐのに最適メディアです。